不動産屋によって扱う住宅の数も異なる?

ほとんんどの人が引越しや物件情報が必要な時には、不動産会社に相談の連絡をします。その時に、不動産会社によって紹介をしてくれる住宅に数が違ったりすることがあります。これは、業者によっては仲介業専門で行っていることがあるからです。仲介業者というのは、自分の会社で持っている物件ではなく、他社で管理をしている物件の間に入りお客に紹介をしているシステムです。この仲介で住宅を紹介されることで、仲介手数料が発生します。
次に、不動産物件を管理しているところは直接自社物件に入居をさせるので、仲介手数料は発生しません。このように、業者によって仲介業者であるか否かで、物件の紹介数が異なります。この仲介業者が多く存在するので、ポータルサイトでは同じ物件がいくつも紹介をされていることが多々あります。また、仲介業は行わないで、自社物件のみを取り扱う業者も存在します。このように、業者毎で専門性が異なるため取り扱う住宅の数も違ってきます。

中野区 不動産
中野坂上 賃貸で有名

Comments are closed.